親子で学ぶ療育プログラムぺあすく

本当に有効な療育支援を

親と子が一緒に学ぶプログラム「ぺあすく」では、ABAに基づくお子様への個別指導と、保護者の方が療育について学べるシステムを提供します。個別指導の内容をもとに、ご家庭でも療育に取り組むことができます。

ぺあすく

親子で学ぶ

お子様と保護者へのセラピストによる個別指導

1回80分間。毎週、決まった曜日と時間の親子通所となります(曜日、時間は、ご応募の際にご希望を出していただき、相談となります)。担当セラピストが、オーダーメイドのプログラムに基づきお子様への個別指導を実施します。必要に応じて、保護者の方がご家庭でもできる具体的な療育支援の方法をお伝えし、実践に関するアドバイスなども行います。個別指導のプログラムは、初回に実施する発達検査や知能検査、行動観察の結果をもとに、お子様一人一人に合わせて完全オーダーメイドで構築し、適宜更新を行います。

e-learningによるペアレントトレーニング

お子様への個別指導の間、保護者様には、別室にてe-learning形式の講座を受けていただきます。
1回10~15分程度、全13回の講座です。月に2回程度、ご自身のペースで受講していただくものです。

集合研修(※任意参加、別途料金)

月に1回、指導ルーム近くのセミナールームにて、集合研修を行います。「ABAの基礎」や「困った行動の対処」などのテーマで、講義とワークショップを行います。先輩ママを講師として招き、体験談を聴く「先輩ママ講演」もあります。

現在の応募状況

確認する

AUTISM

自閉症について

自閉症について

自閉症は、先天的な脳の機能障がいです。視線が合わなかったり、特定のものに強いこだわりが見られるなど、コミュニケーションを目的とした言葉が出ないなどといった行動特徴が明らかになります。その障がいの名前から「心の病気」という誤った印象を持たれがちですが、自閉症は心の病気ではありません。

詳しく見る

ABOUT

ADDSについて

ADDSについて

特定非営利法人ADDSは、自閉症があるお子さんとその保護者の方が、早期の適切な支援によって、可能性を最大限に広げられる社会の実現を目指します。そのために、保護者や、あらゆる支援者、未来の担い手である学生にとっての「学びの場」であることを大切にします。

詳しく見る