ADDSは自閉症児を支援する人の“学びの場”です

先輩の声

ADDS学生部では、色々な大学に通うメンバーが活躍しています。

将来の夢に向けて入部する人、他のサークルと掛け持ちしながら、学生時代に打ち込める活動として参加する人、卒業して社会で活躍する人など、動機も活動の仕方も様々です。

このページでは、実際に活動している先輩メンバーの声を集めました。

→詳しい活動内容はこちら    →募集ページはこちら

 

元々大学で心理学科を専攻していましたが、それ以外に実践的な心理関係のアルバイトや活動をしてみたいと思っており、友達の紹介で話を聞いてADDSに入りました。

ADDSに入ってみて、自閉症という障害について、今までの自分は全く分かっていなかったんだなと感じています。自閉症の人がどんな視点を持っているのか、私たちと同じ世界を見て、どういう風に感じているのかなど、知らないことだらけでしたし、それが必ずしも共通しているとは限らないことも学ばせていただきました。

実際にお子さんと関わらせていただくことで、一人一人の特徴を見極め、その子に合わせたセラピーを行うことがとても大事だと思います。また、大学の講義で習ったことを実践的に学ぶことができ、理解が深まりました。

ADDSで楽しい時はセラピーでお子さんが懐いてくれたり、楽しんでくれている時です。セラピーは苦労することもありますが、自分も楽しんでできた時は、本当に達成感があります。お子さんが課題を達成できるように試行錯誤する時は大変だと感じることもありますが、アイディアを出しても中々上手くいかない中でアイディアが上手くハマった時は、とても嬉しいですし、そのために頑張ろう!と思うようになりました。

将来は臨床心理士の資格を取って、カウンセラーになりたいと思っています。不登校のお子さんを支援するアルバイトもやっているので、子どもに関わる仕事や、親御さんの育児、教育面での子供との関わりについても興味があります。

ADDSは、スタッフの皆さん、学生部のメンバー、そして、実践の場を提供してくれるお子さんや、そのご家族のみなさんから、本当に多くこと学ばせて頂くことができる場です。ここで学んだことは、心理学の分野だけでなく、他の多くの分野にも生かされますし、自分自身を成長させてくれています

 

学習院大学

伊藤 明日葉

大学2年の春の講義中に説明を受け、学んできた心理学の知識を実践する場所が欲しいと思っていたので、参加してみることにしました。

ADDSでは応用行動分析を基にした人間の成長のプロセスを身を以て実感することができました。また、細かく理論化されたセラピー方法とその絶大な効果にとても驚きました。そして心理学が単なる机上の学問ではなく実践を伴う学問であるということが分かったのが一番大きな発想の転換でした。ADDSでは応用行動分析を基にした人間の成長のプロセスを身を以て実感することができました。

将来は心理カウンセラーになり、様々な不安やストレスに悩む人の力になりたいと考えています。また、海外事情にも興味があり、難民や戦争孤児、疫病患者等の多種多様な人々の支援をしていきたいとも思っているので、今は国境なき医師団に所属する臨床心理士としての活動を希望しています。

きっかけはどんなに小さくてもいいと思います。入る時には想像もできなかったような楽しさや学問的関心を、活動を通じてたくさん知ることができました。少しでも興味があればぜひ挑戦してみて欲しいです。

 

 

立教大学

西野 悠太

 

何か心理関係のボランティアをしたいなと思っていたところ、大学の先輩がADDSに入っていて、話を聞きました。説明会に参加し、活動にやりがいを感じたので入ることを決めました。

活動をする中では「心から相手の視点に立って考える姿勢」が身に付きました。一人一人のお子さんがどのように見え、聞こえ、感じていて、どんな工夫をしたらその課題ができるようになるのかということを常に考えるようになったからだと思います。また、「どうしたらできるようになるか」「原因は何か」などということをポジティブに分析して考える癖がついたので、自分の生活にもそれが活きていると感じています。

毎週固定で決まっているシフトなので、スケジュール管理をしっかりすれば大学やバイトとの兼ね合いも問題ないと思います。

ADDSには貴重な体験や学びがたくさんあります。そのような経験をぜひ一人でも多くの方にしていただきたいです。

立教大学

坂下 結