ADDSは自閉症児を支援する人の“学びの場”です

先輩パパママ100人に訊く!家庭療育ことはじめ

 

こんなイベントです

自閉スペクトラム症をはじめとする発達障がいは、先天的な脳機能の障がいです。言葉の遅れ、他者への興味の薄さ、特定の物へのこだわり、集団参加の難しさなど、現れる特徴はお子さんによって様々です。

共通していえることは、「幼少期に適切な方法で支援をすることで、彼らの発達を促進できる」ということ。これはその後の発達にも親子の関係性にも、とても重要なことです。

「様子を見ましょう」 「ゆっくり受け入れましょう」

こんな言葉を聞かれることも多く、わが子のために具体的な一歩が踏み出せず悶々としているパパママも多いのでは?

しかし、ご家庭で明日からでも始められる支援があります。

本イベントでは、お子さんの障がいと本気で向き合い、家庭療育に取り組んできた先輩パパママが100人集合!カフェやフリーマーケットの店員として、相談役として、参加者の皆様の話を聴き、情報をお伝えします!

 

日時

2015年11月23日(月・祝) 13:30~16:30

会場

青山ソホラ 6Fセミナールーム

(東京メトロ青山一丁目駅4番南出口から徒歩1分)

〒107-0052港区赤坂8-5-32 田中駒ビル

基調講演 『親子の学びを支える応用行動分析』 13:30~14:30

保護者の皆さんが、応用行動分析による発達支援方法を学ぶことにより、楽しく円滑な子育てができるよう、具体的なお話をしていきます。

講師 山本淳一先生 (慶應義塾大学文学部教授 臨床心理士 臨床発達心理士)

発達障害児の療育プログラムの開発、教育者や保護者へのコンサルテーション、コンピュータを使った学習支援など、広く臨床活動を行っている。現在、科学技術振興機構(JST)CRESTの研究プロジェクトで、発達支援、ペアレントトレーニングのプログラムを開発し、その活用を目指している。

※基調講演は、お席に限りがございます。事前お申込みの方優先でのご案内となりますので、ご希望の方は事前のお申し込みをお勧めします。

 

イベントコーナー

☆Hütteカフェ

ちょっと一息つこうかな。という時に便利なスペース。このスペースでは先輩パパママと一緒に紅茶やコーヒーを飲みながらお話しできます。おいしい飲み物を飲みながら、子育ての疑問や悩みを気軽に相談してみませんか。入場券に付属のチケットで、お菓子や飲み物をお出しします。

☆フリーマーケット

子ども服・書籍・おもちゃ・療育に使える教材などを販売するフリマスペース。おもちゃの遊び方や教材の使い方など、現役の先輩パパママと直接お話ししながら選んでみてはどうでしょう。

☆子どもと一緒に体験コーナー

羊毛フェルトで小物づくり、ボールすくい、ストロー射的など、お子さんと一緒にお祭り気分を味わいながら、店員さんの先輩パパママとも気軽にお話しできます。

☆リラクセーション・エリア

子育ての話をしながら、心と身体のリフレッシュ。リラクゼーションエリアでは先輩パパママや支援者が、ネイル・メイク・お灸を提供しております。

~キッズスペース・託児サービスについて~

事前お申込みで、託児サービスをご利用いただけます。(託児は定員あり。お早目にお申込みください。)

また、事前にお申込みでない場合、あるいは託児サービスが定員に達した場合も、キッズスペースをご利用いただけます。

入場料

500円(ドリンク・お菓子チケット付き…イベントコーナーのHütteカフェにてお使いください)

※料金は当日受付でのお支払いとなります。 

事前お申し込み

↑こちらの特設ページよりお申込みください。

お申込み後、1週間以内にご確認メールが到着しない場合は、恐れ入りますがhutte@adds.or.jpまでお知らせください。

【事前お申込み締め切り】2015年11月22日(日)24:00

お問い合わせ

ご質問等ございましたら、hutte@adds.or.jpまでお気軽にお問い合わせください。