ADDSは自閉症児を支援する人の“学びの場”です

vol2

(※終了しました)

____日時:2012年1月9日(月祝)10:00~16:50

 

 

 

____________________________________

ADDS Winter Seminar ~自閉症支援者ネットワークをつくる~

Vol.2 ライフステージに応じた支援の実際

あなたの周りに「自閉症」のある子どもがいたら、

あなたにもできる支援があります。

このセミナーでは、各領域の専門家を講師として迎え、

ライフステージを通して可能性を広げていく支援についてお話しいただきます。

____________________________________

プログラム内容

講師紹介

熊 仁美(くま ひとみ)

ADDS共同代表。慶應義塾大学大学院社会学研究科心理学専攻修士課程修了、同博士課程在学中。

学部在学中に、自閉症がある幼児に対する家庭療育のサポートをする学生セラピストとして活動を始めて以来、

多数の自閉症児支援に携わる。大学院では、自閉症児へのコミュニケーション指導に関する研究を行っている。

2009年に、自閉症児とその家族の支援を目的にADDSを設立。

__

渡部 匡隆 (わたなべ まさたか)

横浜国立大学教育人間科学部教授。1996年より、愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所において、

発達障害児者の支援研究に従事。大学移籍後も、特別な教育的ニーズのある児童・生徒への支援法

及び指導体制の研究と実践を行っている。編著者に、『自閉症支援の最前線』(エンパワメント研究所)、

『はじめての特別支援教育』(有斐閣アルマ)など多数。

__

鈴木 慶太(すずき けいた)

株式会社Kaien代表取締役。NPO法人東京自閉症協会役員。東京大学経済学部を卒業後、

NHKアナウンサーとして報道・制作を担当。2007年からノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院へ留学。

MBA。長男の診断を機に、渡米中は発達障害の能力を活かしたビジネスモデルを研究。

発達障害者が長所を発揮できる職場を創出しようと、Kaienを2009年に創業。現在、東京と横浜で

事業を展開している。

__ __

対象

自閉症などの発達障害があるお子さんの保護者の方、保育・教育・福祉関係者の方、

学生の方、その他自閉症などの発達障がいの支援に関心をお持ちの方

料金

一般2500円/ ADDS会員2000円/ 学生1500円(要学生証提示)

託児サービスお子様お一人1500円(※託児サービスは締め切りました)

※料金は全て、事前のお振込みとなります。Winter Seminarお申し込みフォームよりご予約ください。

お申し込み

→Winter Seminarお申し込みフォーム←

↑こちらのフォームより、必要事項をご記入の上、送信して下さい。

※お申込み後、お申込み内容や振込口座などを記載しましたご確認メールを自動配信しておりますが、

メールの受信設定等によっては、到着しない場合や迷惑メールとして扱われることがございます。

お申込み後、1日以内にご確認メールが到着しない場合は、advanced@adds.gr.jpまでお知らせください。

【締め切り】2012年1月7日(土)24:00

場所

国立オリンピック記念青少年総合センター

センター棟4Fセミナーホール

*小田急線参宮橋駅より徒歩7分

http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

お問い合わせ

ご質問等ございましたら、advanced@adds.gr.jpまでお気軽にお問い合わせください。